2014年に解体されてしまった南豆製氷所。
大正時代から建物変わらず,氷を貯蔵してた場所。
今はほとんど産出されてない伊豆石でできた大正時代の建物がとても貴重。

小学校のときに社会科見学で見に行った記憶がある。何かのときにも中を開放していて見学した記憶がある。

南豆製氷とは

80年以上にわたって下田の漁業を支えた製氷会社。伊豆急下田駅の近く、東急の向かいにあった石造建築の建物である南豆製氷所があった。大正末期の1923年に建造され,建物変わらず2004年まで製氷所として使われていた。

伊豆石を使った市内最大級の建築物で,2007年に国の登録有形文化財に指定された.

保存運動が活発に行われていたが,資金不足により保存は難しく,2014年に解体.

解体後の跡地はNanZ VILLAGEとして頑張っている。
あと、下田南豆製氷所という名前でかき氷屋?をNanZ VILLAGEでやっていたみたいだが,閉店して店舗名を変えて引っ越してしまったようだ。

ネット上に落ちている写真

以下、ググって引っ掛かったリンクたち

いろいろネットをみてると、建物をどうにか残そうと頑張っていた人たちの跡が見えた。昔々のとっても貴重な建物。金がないとどうしようも保存できない。

跡地にあるNanZ Villageには是非とも頑張ってほしい。

(アイキャッチ画像:「画像提供:下田市」の南豆製氷から転載した。「画像提供:下田市」と書けば転載しても良いみたいなので、存分に使いたい所存でございますm(_ _)m)

Categories:

Tags:

記事の引用やSNS等での共有について

お好きにどうぞ!URLやハイパーリンクを張ってもらえるとありがたいですが強制はしません.

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー
最近のコメント
アーカイブ